登記を自分でする

南 俊成 (みなみ としなり)

ちょっと番外的な話になりますが、私の実務においても役立つ経験となったお話です。   私事ですがこの度、収益物件(ファミリー向け区分)を購入する事になりました。 少し勇気のいる判断でしたが、市場流通物件ではなく、 限定された情報網の中で得られた件であったので、 割安であり ファミリー向けで賃借人の方は長期に住まれる事が見込まれる 事を鑑み、まあ、私...

続きを読む

聞いてみたかった話

南 俊成 (みなみ としなり)

不動産担保融資、手形割引き、売掛債権担保、動産担保、株式担保、等など。 世の中の金融の保全策は枚挙に暇がありません。 我々も常にいろんな金融業者とお会いする機会があります。 そんな中、先日こんな業者さんに会いました。   「美術品担保融資」   聞いた事はあったのですが、実際お会いするのは初めてでした。 金融といえど、なんとなく世...

続きを読む

関西弁とこの業界

南 俊成 (みなみ としなり)

「あれ?こんなに関西人嫌いって多いの?」   この業界で、東京で働く関西人の方でこう思われた方いませんでしょうか? 私はあります。   中には面と向かって 「俺、関西人が大っ嫌いなんだよ」 とかいってくる人もいます。さすがにいい気はしませんよね。苦笑 んー、逆に大阪の人が関東の人に向かって 「俺、東京のやつほんま嫌い!」 ...

続きを読む

いつかは海の近くに住みたい

南 俊成 (みなみ としなり)

以前実行した同業者への不動産担保融資、いわゆる卸金融ですが、 この度無事に返済を迎えました。   本件は土地3筆に根抵当権を設定したのですが、 当社から見ると、債務を負う人は、債務者たる同業者、 そして実際に土地を売る第三債務者(不動産業者)になり、共用根抵当権。 翻って第三債務者から見ると、債権者は当社と債務者の二手となり共有根抵当権となります。 ...

続きを読む

緩和に潜む駆け引き

南 俊成 (みなみ としなり)

最近地上げ各業者さんで地上げの動きが活発な印象を持っています。 そして、この話も最近入ってくるようになりました。   「ホテル用地の仕入れ資金の融通はできないか」   先日日経新聞でも報じられておりましたが、 ホテル用途に関しては容積率を1.5倍にできる緩和措置が国交省により、 発表されました。 1.5倍した値が元と比べて300%...

続きを読む