いつかは海の近くに住みたい

南 俊成 (みなみ としなり)

以前実行した同業者への不動産担保融資、いわゆる卸金融ですが、

この度無事に返済を迎えました。

 

本件は土地3筆に根抵当権を設定したのですが、

当社から見ると、債務を負う人は、債務者たる同業者、

そして実際に土地を売る第三債務者(不動産業者)になり、共用根抵当権。

翻って第三債務者から見ると、債権者は当社と債務者の二手となり共有根抵当権となります。

つまり、この二つを同時に実現しておりますので、

共用共有根抵当権として設定されます。

さすがに珍しい文言らしく、出口となった買主司法書士さんからも、

「珍しい登記ですねー」と言われました。

豊かさを創造するため、我々はできることはなんでもやるのです。^^

 

さて、実は本件ですが、融資実行前に審査担当の一人から釘を刺されました。

「担保地は新興住宅街で、需要が安定していない。

路線価を鵜呑みにすると痛い目を見るかもしれないよ」と。

 

確かに現場に行ってみると、丘の上で、そこから海が見える。

というロケーションは最高なのですが、

駅は付近になく、車は必須。居酒屋とかがあるわけでもないので、

夜はどうやって遊ぶんだろう、と酒飲みとしては少し考えましたが、

付近は新築工事がどんどん始まっており、

大きな犬を散歩させる優雅な人や、高級車もちらほら。

このロケーションを求める方は、意外と多いのではないか?

というか、海好きの私としても、もし老後を優雅に過ごすならこんなところも悪くない、、、

放っておくには多分に勿体無い気もしました。

 

時間はかかるかもしれないが、売れるだろう。

そう踏んで融資に踏み切ったのですが、まさかこんなに早く返済するとは。笑

 

初めの1ヶ月で1筆目が売れ、

そこからひと月半くらいの間に立て続けに2筆を販売しました。

すごいなあ。

 

同じ金融業者なので、不動産担保ローンについて理解があり、

融資や返済・抹消のやり取りもスムーズ。

これはまたやりたいですね。^^

 

余談なのですが、最後の1筆の抹消の際、

黄緑の大手銀行から、青い大手銀行への振込があったのですが、

ネットバンキングなのになんと40分近く着金に時間がかかりました。

抹消は本当ドキドキです。

メガバンク間なのに40分もかかると心臓に良くありませんね。

何時ぞやの軟禁状態を思い出しました。

(詳しくは http://www.ub-i.jp/blog/?p=263 )

フィンテックのさらなる洗練を期待します!

(フィンテックって言ってみたいだけ。笑)

 

新規案件の融資と、既存案件の抹消。

新陳代謝が活発なのはいい事です。

 

どうぞよろしくお願いします。

南 俊成 (みなみ としなり)

南 俊成 (みなみ としなり)

大阪府出身。
maneo/UBIfinanceの行う斬新で柔軟な企業再生、金融ビジネスに強く惹かれて入社した、やや体育会系の熱血気遣い営業パーソンです。
「営業はやる気と知識とフットワーク」をモットーに、maneo社からの資金を活かすべく日々、投融資案件の発掘に奔走中。
融資対象は事業資金、不動産活用に伴う地上げや転売資金、その他なんでもござれです。
自身もmaneoの投資家であり、案件の精査には投資家の目線をもった慎重さを心がけております。
趣味は海外旅行とムエタイ。
宅地建物取引士。TOEIC815点。