モノは言いよう捉えよう(都内1R投資について考える:後編)

南 俊成 (みなみ としなり)

「保険と不動産って似てるんです」   この業者曰く、 家賃からローン含め、諸費用を差し引いた支払い分が、 保険料に相当し、(逆ザヤってことですね) これを35年かけて払ってもらう。 35年後には無借金となり、家賃だけが入ってくる。 これが年金保険に相当し、 死亡後は遺族が当不動産を処分することで現金化。葬式代始め諸費用に当てることで、 ...

続きを読む

モノは言いよう捉えよう(都内1R投資について考える:前編)

南 俊成 (みなみ としなり)

物事は捉え方と売り込み方次第だな。 と思わせる事象に出くわしました。   手堅い勤め先の手堅い年収を持つ層に対して、 「都内のワンルームマンションを持つことで、資産形成をしませんか」 という営業手法をとる不動産業者が営業攻勢を活発にしているのは、 もはや周知のことかと思います。 資料請求した顧客候補に連絡し セミナーを開催 今の不動産市...

続きを読む

地球を売る仕事

南 俊成 (みなみ としなり)

その土地の権利、特にそれが所有権である場合、 その権利ってどこまで及ぶのでしょうか?   こないだ、それを思わされる事象に遭遇しました。 私たちに話を持ってきてくれる業者さんは沢山います。 が、やっぱり業者さんによって持って来る物件、 つまり購入を検討する物件の種類って千差万別なんですよね。   地上げばっかり持って来る大砲タイプ...

続きを読む

どこに停めましょうか

南 俊成 (みなみ としなり)

埼玉県某市の戸建用地(古戸建付)買取りの資金がほしい、という話を頂き、 不動産担保融資について、社内で検討したところ、こんな話になりました。   「間口が狭すぎる」   今回の土地は旗みたいな形、奥まった土地から接道の為に通路が伸びているような土地で、 「路地状敷地」というんですが、 奥の敷地を延長してるように見えることから「敷地延長」...

続きを読む

当たり前の話

南 俊成 (みなみ としなり)

少し考えてみれば至極当たり前の話なんですが、 ふと思ったので認めたいと思います。   このお仕事をするに、常につきまとうのは、 「仕事を完遂できるかは最後までわからない」 ということです。   これは、経験がどうということでもなく、 また、対応を誤ったため、ということでもありません。 (中にはそういうことが原因となるものがあ...

続きを読む