究極の営業マン

南 俊成 (みなみ としなり)

先日、世田谷の土地仕入れ資金として、 1億円以上の融資を実行致しました。 この融資の実行時には当該土地に関する、 利害関係者全員が当社に集合します。 売主、買主、仲介業者、その土地の抵当権者だった債権者、司法書士 等など。   こういう時、いつも思うのですが、 この場こそ「営業冥利に尽きる」場です。 なぜならここに究極の営業マンがいる...

続きを読む

タワーってどっからがタワー??

南 俊成 (みなみ としなり)

先日面白いアドバイスをいただきました。 「新聞の折り込み広告は簡単に捨てちゃいけない」 自分の住んでいる周辺始め、地域経済のヒントが隠されているとの事です。   早速みてみたんですが、確かに面白いことが沢山書いてありました。 例えば、塾や予備校の広告。経営縮小が目立つこの業界ですが、 T社は料金を一切載せないですし、 Y社は広告の写真が明らかに2...

続きを読む

利払いが重い方にオススメ

南 俊成 (みなみ としなり)

不動産業者、特に少し小規模に事業を展開されている業者様に 興味を持っていただく、当社のやり方に 「共同事業」 があります。   例えば、 3億の土地が売りに出て まだ出回っていない 高く買ってくれそうな出口もアテがある ただ、貸金を自社で受けて仕入れるには利払いが重い という業者さんに提案するのが、「共同事業」です。 UBI...

続きを読む

それは今です。

南 俊成 (みなみ としなり)

こういう仕事をしているからでしょうか。 たまに、 「不動産の買い時っていつなんですかね」 と聞かれることがあります。   「都心の不動産市況が上がってて、以前と比べると割高ですし、 でも金利は下がってきているので、(資産)ローン組むなら今かな」 ということで悩んでる方が割といらっしゃるみたいです。   確かに不動産屋さんの ...

続きを読む

憂地方

南 俊成 (みなみ としなり)

先日、都心の不動産市況が活発。 というようなお話をいたしましたが、 反面、難しい、というか足元をすくわれる要素になり得るのが、 「地方物件の評価」です。   地方にある物件を担保に入れてお金を借りたい。 という方は、maneo/UBIfinance社としてはもちろん大歓迎なのですが、 さすがに、その物件が東京都心と比べて流動性に欠ける事を思うと、...

続きを読む